保険に加入する際は、一社のプランを見ただけで決定することは避けましょう。必ず数種類の保険や保険会社を比較し、最も最適なプランを選択することが重要です。

特約などの金額も、保険の種類によって大きく幅が出ることもありますし、Aというプランには付帯していない保障がBというプランにはついていた、という事もあり得ます。

どのような種類の保険を考えていようとも、必ず数社の中から比較することは大切です。最近では保険相談窓口でも、多くの保険を取り扱っていますので、数種類を提示し比較して説明するところが増えています。

もちろん、インターネットで比較することも可能になりました。保険を比較するサイトでは、年齢と性別、保険の種類を入力するだけで何十社というプランを比較出来るようシステム化されています。

保険は、ある意味一生涯続く大きな買い物です。納得したうえで保険に加入するためにも、比較をする、というプロセスは欠かさないようにしてください。また、出来ればじっくりと考える余裕のある時に、時間をかけて比較することをお勧めします。

ファイナンシャルプランナーが常駐する相談窓口を利用すると、冷静に保険を比較することが出来ます。ある程度加入したい保険が決まっているのでなければ、利用することも有効な方法といえるでしょう。

保険には様々な種類があるため、最初は非常に混乱すると思います。定期保険?養老保険?いったい何がどう違うのか、全く分からないという方も多いのではないでしょうか。

保険の種類は、まず大きく三つのカテゴリに分けることが出来ます。死亡保険、生存保険、生死混合保険の3つです。

死亡保険は、被保険者が死亡したり高度の障害を受けた際に支払われる保険です。定期保険や終身保険が該当し、それぞれ保障の期間や保険料の違いが生じます。

生存保険とは、満期まで生きていた場合、その後の生活資金に充当できる保険料が支払われます。年金保険という言葉を聞いたことはあるでしょうか。それが生存保険であり、満期前に死亡した場合は支払額が小さくなります。

最後に生死混合保険。こちらは死亡した場合、高度の障害が残った場合に死亡保険が支払われ、満期まで生存していれば生存保険が支払われるという内容。養老保険がこれに該当します。もちろん、保険料は高くなります。

これ以外に、医療保険や介護保障保険など、病気やケガ、要介護になったときに備えた保険があります。多岐にわたる保険の種類は、一見わかり辛いように思えますがまとめてみると簡単です。多くの保険の種類の中から、組み合わせて加入する人も多いのが現状です。

≪関連サイト≫
がん保険 口コミ・評判
火災保険 口コミ・評判
メディコム 口コミ・評判

節税対策として保険に加入をと考えたとき、気になるのは節税対策に必要な保険料でしょう。この額は、役員報酬のある一定のボーダーラインを目安に変わると考えるとわかりやすいと思います。

役員報酬が2000万円以上か以下か。ここが大きな分かれ目となるのです。2000万円以上の役員報酬であれば、全額損金の養老保険が良いでしょう。決算直前の経費処理後に残った利益分を、すべて損金にすることができます。

役員報酬が年収にして2000万円以下の場合は、半分損金のプランがお勧めです。保険料の払い込み期間が4年未満であることが、魅力の一つとして挙げられます。

また解約返戻金が非常に高いですし、年齢や性別にも左右されにくい商品ですので、若い経営者からも注目を集めています。

どのような商品に加入するかによって、節税対策に必要な保険料は変わってきます。100万円前後から1000万円前後まで幅があり、死亡保障時の受け取り保険金額によっても左右されるでしょう。

希望に応じ、保険料をあらかじめ設定して商品を絞っていく方法もあります。専門家に相談することも有効な方法です。まずは、自社がどれくらいの保険金を必要としているか、という事を洗い出すことが大切です。

【関連サイト】
節税対策 保険について
保険 相談したい方へ

ogtzuq